注染とは?

手拭やゆかたを染めるのに用いられている染法で、晒し木綿(和晒)の上に型紙を固定し、木ベラで防染糊を引き、一枚一枚折り重ねてゆき、染台(簀―すのこ)に載せて上から染料を注ぎ込み、コンプレッサーで吸い込んで、一度に数十枚を染める方法である。
組合員が注染で染色したゆかたは「浪華本染めゆかた」として大阪府から伝統工芸品に指定されているが、ゆかたと手拭は全く同じやり方で染められる。染め上った布が一枚一枚切り離されるのが手拭、続いているのがゆかたということである。
(参照:注染工程)

【注染のあゆみ】

注染の源流は、型紙を用いて生地に防染糊をほどこし、生地を浸染染したことにあると考えられ、天保年間におおいに発展した。当時は殆どが藍染である。

明治期の大阪における染色工業の代表は、モスリン友禅と手拭であった。大阪における手拭の地位は、「手拭に至ては當市は殆ど他にて競争することあたわざるの地位を占め」と「商工諸組合状況調」にあるように、日本において圧倒的な生産量を誇っていた。その背景について「手拭の歴史」では、「注込み方吹込み方により一度に30枚位重ねて染める」ことが明治20年ごろからおこなわれていた、との記述がある。大阪では一般的に、手拭は一度に数十枚を染める注染法で染められていたのである。

明治36年大阪市天王寺で開催された第五回内国博覧会において、手拭の注染法を応用した色鮮やかな「ゆかた」が入賞した。注染の技法である「差分」が開発されたのである。注染手拭の染色法を応用した技法は高く評価され、大阪の職人たちは東京をはじめ全国各地から技術指導者として招聘を受け、大正初期までに全国に広まった。

注染は注ぎ込んで染めるために、素早く染料を染台(簀―すのこ)の下に落とさないと、染料が生地と生地の隙間に滞留し、不上り(不良品)になってしまう。
当初はラッパで吹き、その後は鞴(ふいご 右図矢印)で風を送り染料を落とした。大正末期から昭和初期になると電気が普及し、鞴に代わってコンプレッサーで吸引する画期的な方法が開発された。
大柄でも、また繊細な柄もたやすく染められるようになった。

【注染工程の解説】
地巻は、和晒の疋(2反)をたたんだ状態「タタミ」からまきとり機にかけて丸巻きに直す。巻取機にまけるとシワもとれる。和晒の品質は岡(30番手の糸)を上とし、文(20番手)を次としている。

板場(イタバ)は糊置き作業自体を指し、またその職人も指して言う。和晒の上に型紙を置き、木ベラで右へ左へ数回ずつ糊を引き、一枚一枚積み重ねてゆく。通常は和晒2疋(4反)から3疋(6反)位が一回分。1疋は手拭い24枚分。したがって一回に48枚から72枚分が一度に糊置きされる。糊を引き終わると、72枚重ねをポーンと砂場に放り投げる。下手に投げると糊が流れて失敗。砂場の砂をまぶし、頃合いを見てひっくり返す。糊が砂をくわえて、「へたらぬ」ようになる。
(へたる:大阪弁で疲れてべったり尻もちをつくこと)糊はふのりにベントナイトをまぜたものを使用。熟練の職人で一日1,200枚ぐらいを仕上げる。

注染は、砂まぶしの糊置きされた和晒束を簀(染台)に移し、染料のこぼれを防ぐため、模様に沿って筒を使って糊を絞りだし(ツツノリ)、模様のふちに糊の土手をつくる。糊の土手の内、あるいは外に染料を注ぎこみ、同時に機械で染料を吸い込ませて染料を下まで通す。この作業をやる職人のことを大阪では「壺人(ツボンダ)」とよぶ。
現在使用されている染料は、硫化染料、ナフトール染料、反応性染料等、色が美しく堅牢度もよい。

染めは一色染め、差分染、細川染がある。
差分染は、糊の土手をつくって、土手の内側ごとに模様を染め分ける多色染である。細川染は、型紙を2枚使って(二枚型)全工程を二度くり返して染める技法である。布は水分を含んだあと干されると縮むので、高度な技術が必要である。三枚型を使い三度染めをすることもある。

水洗い作業をハマ(浜)という。これをやる職人を浜方と呼ぶ。以前は工場のそばを流れる石津川の土手を上り下りして、川でジャブジャブ洗って糊を落としたが、今では、工場に引き入れた工業用水を使い、機械で水洗。そのあと脱水機にかけ水気をとばす。フリキリという。ハマの呼称は、大阪では北浜とか堂島浜通りのように、川沿いの土地を浜とよんだところからきている、と考えられる。

脱水したものを乾燥させるために干し場につるす。この作業をダテ干し(立干し)という。ほんの二十年ほど前までは、丸太で組まれた干し場であった。高さは十数メートル、職人の子供たちは、干し場の丸太の上で遊び育ったという。少ししめり気の残るうちにダテから降ろす。カラカラに乾かしてはダメ。

以上のように、手拭染は、その工程の一部は機械化されたとはいえ、基本的には昔と変わ らず、職人技にささえられた伝統工芸である。

本稿は、近江晴子さんが、本組合誌「浪華の水」に数年にわたって寄稿または座談会の記事から掲載したものです。たとえ一部であっても転載等を一切しないようにしてください。